朗読会この所、人様の前で講演のような、話しをする機会が少しずつ増えて来ました。

以前から、樋口一葉や与謝野晶子の名作や詩集、自分の創作オリジナルの語り等はやっておりましたが、ある会場で『吉沢さんの自分史等も聞いてみたい』
『京子さんならではの喋りたい事もいっぱいあるでしょ!』と言っていただいたのが、きっかけです。

崎でやった後援会の写真そこから吉沢的小さな、おしゃべりの会がスタートしたのです。
トーク、踊り、朗読、皆で唄おう、隠し芸?等々自分の出来る事をご要望に合わせてオリジナルアレンジして楽しんで頂いております。

←川崎:後援会にて

話しのテーマは、『女は50を過ぎてからが美しい』

13歳でデビューして、仕事を通して素晴らしい先輩俳優さん達から可愛がってもらい色々教えていただきました。(これは長くやってる役得と言いますか、私の財産です)
そして、その間プライベートでは、恋愛、大失恋、結婚、出産、離婚、子育て、めげたり、笑ったり、転んだり ずーっと働いて来ました。

そんな私ですが、50歳頃に訳もなく、落ち込んでしまったのです。

でも...です。
私は、今が一番美しい(容姿ではありませんヨ)
と叫べるようになりました。
何があったのかな?

こんな話を諸先輩の微笑ましい思い出を交えて語らせて頂いております。
(以外と好評?なので吉沢調子づいてしゃべってます)

次のテーマは、『大好きな和服を通しての私の感じた日本の素晴らしさ』

和のイメージ食、四季の暮らし、建造物、
言葉、所作、先人の知恵、
温故知新--古きを訪ねて新しきを知る。

当たり前の様に
若い方々に受け継いでもらいたい

そんな思いを乗せた
"吉沢的おしゃべりの会"は、大会場より、むしろ30名様〜40名様位の方々と一同会するのが私的には性に合ってる気がするのです。

お話しすると言う、ライブ感覚の新しい仕事を交えて女優としてもステップアップしていきたいと挑戦してます。

何かありましたら、メールお問い合わせよりご連絡を頂ければ幸いです。

メールお問い合わせ
よろしくお願いいたします。